2012年03月

ここでは、2012年03月 に関する情報を紹介しています。
自宅で妊娠力を高める方法
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療情報へ



Powered by RSSリスティング


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

適正体重をキープすることも、妊娠を望むのであれば、

大切な条件になってきます。

ですから極端なダイエットは、妊娠の大敵です。

絶対にいけません。


適正体重をキープするということは、

カラダに適度な脂肪がついている、ということです。

適度な脂肪は、体内のホルモンバランスの調整には欠かせません。

思春期になり、カラダつきがふっくらしてきた頃になって初潮が始まる、

ということを考えても、わかると思います。

適度な脂肪は、女性のカラダ本来の働きを助け、

スムーズにする「潤滑油」のようなものなのです。


それが食事を減らすなどの極端なダイエットをして、

カラダを飢餓状態にしてしまうと、カラダは防衛反応を起こします。

するとカラダは、まずは子宮の働きをストップさせてしまうのです。


そうなると当然、ホルモンバランスは乱れ、月経異常、

無排卵や排卵の遅れなどの排卵障害があらわれます。

排卵が乱れる、もしくはなくなるなんて、とんでもありません!

子宮本来の働きを妨げるなんて、言語道断です!


若い人ほど、「もっとやせたい」と思う傾向は強いですよね?

しかし、子宮の働きを犠牲にしてまで、

スリムなカラダを手に入れたいのかどうかを、

よく考えてほしいと思います。


また、それとは反対に、太りすぎもよくありません。

肥満もホルモンバランスを乱し、生理不順などを招きます。


妊娠を望むのであれば、

「適度な食事と運動」を心がけたいものですね。

 


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療情報へ



Powered by RSSリスティング


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサーサイト

基礎体温の計り方

基礎体温は0.3~0.5度の程度の微妙な差を把握しなければならないので、一般の体温計より目盛りの細かい「婦人体温計」を使います。

いつ計る?

  • 朝、目覚めた直後からだを動かす前に布団の中で計測する。
  • 毎日なるべく同じ時刻に計測する。
    (できなかった時は備考欄に計測時刻を記入しましょう。)

どこで計る?

  • 体温計を舌の下に入れて計測する。

基礎体温以外に記入しておきたいこと

  • 月経の開始日
  • パパと仲良くした日
  • 薬を服用した日
  • 体調
  • 睡眠時間

 

基礎体温を測定できなかった日は、間を詰めず空欄としましょう。
気にせずとにかく継続することが大切です。

>>ベビカムオリジナル基礎体温帳づくりはこちら
 


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療情報へ



Powered by RSSリスティング


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
「妊娠したい人の健康食品は?」と聞かれると、

まずは「マカ」を思い浮かべるのではないでしょうか?


マカとは、3000年以上昔から南米ペルーの高地で栽培されている、

アブラナ科の根菜です。

その成分にアミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含むことから、

古代インカ帝国の時代より、アンデス地方では滋養強壮剤として、

日常的に親しまれてきました。


マカに含まれる各成分は、男女それぞれの生殖能力を高めてくれます。


まず女性にとっては、

ミネラルやカルシウムがホルモンバランスを正常化してくれ、

生理や排卵などのカラダのリズムを整えてくれます。

さらに、必須アミノ酸のひとつであるリジンが、

女性の受胎能力の循環を調整してくれることにより、

妊娠しやすいカラダづくりを手助けしてくれるのです。


男性にとっては、アルギニンによって精子がつくられると言っても、

過言ではありません。

なぜならこのアルギニンが、男性の生殖細胞の80%をも占めているからなのです。

つまり「アルギニン酸を摂ること=精子をたくさんつくること」につながります。

また、抗酸化ミネラルのセレンも、精子の運動能力を高めてくれることから、

相乗効果が期待できます。


マカは食品ですので、薬を服用中の方でも安心して飲むことができます。

牛乳やコーヒー、ジュースに混ぜて飲んだり、料理に加えたりと、

あなたが飲みやすい方法で取り入れてみてください。


まずは「ホルモンバランスを整え、生殖機能を高める」ことが、

妊娠率を高める第一歩へとつながるのです。
 


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療情報へ



Powered by RSSリスティング


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。